SEWスタッフ、純粋にたのしんでます。【POTATO MEGANE TrunkShow】

【POTATO MEGANE TrunkShow】
眼鏡のオーダー会/眼鏡のワークショップ 1日目を終えたSEWです。

1日目、参加された方は

ワクワクしながらデザイ選びに没頭。
ドキドキしながら糸ノコギリで切断。
ハラハラしながらヤスリで形を整る。


これらの工程を経て、およそ2~3時間で完成。

ステキなフレームにしあがりました。

アドバイスを交えながら優しく手ほどきしてくださるポテトめガネのスタッフ MJ さん。

SEWに今までない雰囲気が漂いました♪

ワチャワチャだけではなく、モノをたのしむだけではなく、製作に没頭しながらモノづくりの楽しさや奥深さを体感いただけるイベント。

SEWは佐藤防水店というモノづくりをしているブランドの直営店でありながら、なかなかこういったことができずにいました。

今回のイベントで、モノを作り上げることの楽しさや、大変さ、緊張感、使命感?のようなものを感じていただくことで、ハンドメイドで作り上げられたモノの価値と価値観を自分なりに感じていただけることはとても奥が深いなと。

またそういった想いを込めて作ったモノは大切にします。
特別な思い入れとともにずっとずっと長く使っていただけるはずです。

今日参加されたみなさまが、完成を楽しみににこやかなお顔で店内を出られる姿をみたとき、ステキだなと素直に感じました。

眼鏡を作るなんて経験はなかなかできませんし、だからこそやりたいと思ってくださる方は多いはず。
関心のあることだと思います。

その経験ができたことだけでもいいな~と羨ましく思えますが、
何かひとつでも自分の経験値としてなにかがプラスされたんだろうなと思うと、本当に羨ましくなりました。
(ただのしがない主婦がこんなこと述べちゃいけないんですけど、、、苦笑)

さらにさらに、しっかりと眼鏡を見立ててもらえること!!ここ大事!!

似合う似合わないの理由とその改善方法を余すことなく教えてくださいます。

〇黒目の位置がここだから、サイズはこのサイズ!
〇面長の顔の人はこのフレーム。
〇どうしてもこのフレームがいいときは削るときに太めに削るべし。
〇フレームカラーはこの印象がしっくり。
元アパレル店員のスタッフさんが、顔や表情だけでなく、日頃のスタイリングにあった提案を親身になってしてくださいます。

実際に、このフレームで、この生地(カラー)がベストですと言われて試してみると、本当にその通り!!

感動します。笑

自分に合う合わないだけではなく、眼鏡の細かい細工まで知れるのも面白いです。
ちょっとした角度や、太さや細さ、カーブのつけ方まで奥が深すぎる眼鏡。


モノづくりって誰にでもできるけど、ひとつの価値のあるものにするためには技術や経験、想い、様々な要素が必要です。



技術はさておき、スタッフさんの見立ての眼力や、経験と想いをもって創造できることの価値を是非味わっていただきたい。




と、そんな堅苦しいことを思った(笑)、ワークショップ1日目でした。

ワークショップは笑いあり本気ありの、とても楽しいものなんですよっ!!笑
その奥に作り手の想い、何のためのワークショップなのか、ハンドメイドとは何か、、、などなど色々なものが詰まってるんだろうなと感じたっていう話です。


明日も1日SEWでは眼鏡のオーダー会を開催。
ワークショップは11:00~ と15:00~。飛び込みのご参加もお待ちしておりますよっ♪

店頭にトランクショーアイテムとして並んでいるメガネを手に取りながら、このメガネを自分でつくる!と決めて、作業に取りかかっていただけますので、自分の欲しい眼鏡を自ら作っちゃってくださいね♪

※DJ keiもいるよ~♪♪♪
明日もみなさまのご来店をお待ちしております~


しがないでした~♪
ワークショップの詳細は下記リンクにて。