SEWからのお願い。1回でいいので履いてみてください。【blueover Trunk Show】

[blueover]の魅力について。

blueoverの靴をSEWでお取り扱いさせていただいて、1年とちょっと。

この間に、SEWにご来店くださった方々に、この靴の履き心地を体感してほしいとの想いで、「ご試着だけでもされて帰ってください」とわざわざ足を入れていただいてきました。



自分自身、[blueover]の魅力に惹きこまれるのはあっさりとしたものでした。

履いて歩いただけで、『ん、、、?』と。

今まで履いてきた靴と、足の進み方が違いすぎて一瞬、思考が停止するほどの歩きやすさ。

正直、定番化して皆に愛されているもの(信頼されて愛され続けているもの)であれば間違いないだろう、、、と、オンラインストアで靴やサンダルを購入していたわたくし。


ただこの一足に出会って、それはやめよう。と素直に思いました。

靴ってやっぱり履かないとわからないことだらけなんです。

サイズだけの話ではなくて、足の進め方や、フィット感、素材の感触、色、角度などなど。


ここまではもちろんですが、やっぱり生産過程での人の手の加わり方を知ればなおさら、、、。

大量の生産が不可能である理由を知ることは自社の帆布鞄しかり、ブルーオーバーの靴に限らず言えること。

一点一点パーツを人の手を使って切り出して、貼り付けて、縫い合わせて、、、の工程を考えれば少量生産は必然。

さらには、靴の設計段階から人の足を思う、歩みを思って考えられているものは暮らしの中で使いたくなるのも必然です。


画像だけじゃわからないことが多い。

特に[blueover]の靴は足を入れて、歩いてみることが最優先。


歩く為の道具として作られた靴には、無駄な装飾がなく、カラフルなランニングスニーカーや、ロゴの入ったスニーカーを好む方にとってはもの足りないかもしれません。(私はこのシンプルさも好きな理由のひとつなんですけど。。。)

[blueover]の靴をヴィジュアルで選ぶことは少ないのかも知れないけれど、是非はいてみてほしい。

本心からそういう方にこそ履いてほしいと思うんです。

履いて迎える新境地があることをお約束します。(大袈裟?笑)



店頭でお客さまとお話をしていて、

「すっごいシンプルな靴」

と、いわれることがあります。

その方はシンプルなものよりは、デザインのあるものがすきなのかも知れません。

でも、試しに、、、と試着するとその履き心地のとりこになっちゃう。

人は見た目じゃないんだよといいますが、モノだってそうです。見た目にこだわるわけではない[blueover]のいいところをたくさん感じていただきたい。


しかし、先程もお伝えしたとおり、[blueover]の靴はそうそうお目にかかれない。生産数もすくなければ、取扱い店舗もそう多くはないんです。


このイベント、ほんとに貴重なイベント。ほんとに。


この機会に履くだけ履いていただきたい。

こういう靴があること。こういう靴が日本の小さな町工場でつくられていること。こういう靴を生み出す人の力があること。

そのすべてに共感いただけたときに、ブルーオーバーユーザーが増えるのだと感じております。


大げさかもしれませんが、履物に対しての概念を変えられたというか、なんというか。新境地開拓です。新境地、新境地、なんどもすみません。苦笑


[blueover]の靴に出会ってから、履物を購入するときの考え方がかわりました。

足にフィットするということはこういうことなのか、、、

歩きやすいとはこういうことなのか、、、

疲れない靴って本当にあるのね、、、

といった具合に、自分の足のことですけど、自分の足からよりよいものを求められているような感覚。


そんな靴に出会いに、週末はSEWへいらしてください。

ドント、ミス、ィット!!ですよ。



『どこかの限定スニーカーに2万円だすなら、ブルーオーバー1足もっちゃいなっ!!!』

だいぶ上から目線すぎる、しがないでした。苦笑

下記リンクにてblueoverの靴たちの製造過程をご覧いただけます。
お時間ございましたら是非。



【blueover Trunk Show】

開催場所 大分市西新地2-1-4

     佐藤防水店 3階  SEW(ソー)

開催日時 

8/18(fri) 11:00-18:00

8/19(sat) 11:00-20:00

8/20(sun) 11:00-17:00